隠れた避暑地、神社で御朱印集めコース

旅のはじまり

▼前原インターから 車で約9分
(6.9㎞)

▼車で約3分(0.9㎞)

▼車で約4分(1.1㎞)

▼車で約21分(13.1㎞ )

▼車で約14分(9.4㎞ )

▼車で約8分(11.1㎞)

▼車で約2分(1㎞)

▼車で4分(2.1㎞)

旅のおわり

ドライブで、御朱印集めコース。
前原ICからスタート!※車を持たない人は、筑前前原駅周辺でレンタカーを借りられるよ!

深江神社

深江神社は、朝鮮出兵のため名護屋城に在陣していた豊臣秀吉公が、1592年に参拝して野点を催されていたときに、淀君の誤解人の知らせが届き大変喜ばれ、小早川隆景校に命じて、ご社殿を再興されたそうです。

本殿の隣には、祈願の寄せ書きが。
子どもが書いたのは「コロナウイルスが落ち着きますように」という願い。
子どもたちもストレスMAXなんだろうなーーー。
御朱印周りは、屋外で、木陰の涼しいところも多くて、コロナ禍においてもおすすめです!

御朱印を書いていただいている間、涼しい部屋へどうぞと通された、公民館のようなお部屋。天井には沢山の迫力ある絵があって必見です!

御朱印はスタンプのパターンを選ぶことができました。
私が選んだのは、ネコ&糸島の花、ハマボウ。うん。かわいい。(初穂料はお気持ちで)

鎮懐石八幡宮

約1800年前の仲哀天皇9年(西暦200年)の鎮懐石(子産石)を祀る、子宝神社、導きの開運神社だそうです。
奈良時代に鎮懐石を詠んだ歌が万葉集(720年代)に記され、それよりも古い時代から、子授け・安産のご利益が信仰されてきたそう。

駐車場からくぐる、門の手前の小さな川に、なんと沢ガニがいっぱい。

本殿に登る階段は、”急な階段”と”緩やかな坂道”が選べて、子どもたちはヨーイドン、登る競争してました。笑

本殿に『安産』の鎮懐石
展望所の社殿に『子授け』の陰陽石

パワーを感じます!

本殿から振り返ると、海が一望できるパノラマが。
夕方になるときれいな夕日が見えるそうですよ。

そして、御朱印をGETです!
ここでは「鎮懐石八幡宮」の他に「箱島神社」の御朱印もいただけました!!
(初穂料500円 両神社の御朱印をいただく場合は1000円)

Cafe Nord

ここでお昼ご飯。
向かったのは、「Cafe Nord」

レトロでおしゃれな雰囲気の店内に、とってもおいしいご飯でした。
特にカレーが絶品。何度も通いたくなるくらい、おいしい!手を触れたくなるおしゃれな飾り小物が沢山で、カレーは辛めです。比較的大人向けのお店だと思います。(カレーに卵を入れてマイルドにしたら、小学2年生の娘はおいしく堪能してました!)

雷山千如寺大悲王院

おなかがいっぱいになったところで、ここ、「雷山千如寺大悲王院」

雷山の地主神である雷大権現の招きで渡来して、天竺霊鷲山の僧、清賀上人の開創したそうです。
「安産」「子育て」「開運厄除け」の祈願所として、また身代わりのお守り(サムハラ)のお授け所として信仰を集めているそうです。
まずは受付で、神殿に入るために400円支払います。
(小学生まで無料、外を楽しむだけなら無料です)

御朱印はこちら(初穂料500円)

産宮神社

次に訪れたのは「産宮神社」

その名の通り「安産の神様」そして「子育ての神様」と「安全の神様」が祀られています。

ここでも御朱印をいただきました。(初穂料500円)

櫻井大神宮

次に向かうはここ

あらゆる縁を結ぶ社「櫻井神社」と清らかな幽玄の社「櫻井大神宮」
徒歩5分。急な階段(または緩やかな山道)を抜けていくと、石道が続き、その先に「櫻井大神宮」があります。
石道は熱暑の日でも木陰で涼しくて、とても気持ちよい。

2つの御朱印は、櫻井神社の中でいただけます。(初穂料1つ500円、2つで800円)

糸島ファームハウスUOVO

櫻井神社をあとにして、休憩で立ち寄るのは「糸島ファームハウスUOVO」
ブランド卵「天上卵」をシンプルに楽しめる、卵かけご飯が人気なので、お昼に来てもいいですね。

今日はデザートをいただきます。
「スムージーいちごとキウイ」

天気がよければテラス席もおすすめです。

二見ヶ浦

最後に立ち寄るには、二見ヶ浦。

糸島の有名なフォトスポットですが、櫻井神社の宇良宮(うらのみや)として、伊弉諾命(いざなぎのみこと)と、伊弉冉命(いざなみのみこと)がお祀りされているそうです。

夏は暑いので、日が落ちる夕日の時間に景色を楽しみに行くのもいいですね。