天神から直通バス
可也山登山コース(後編)

さあ、おなかもすいてきたので下山です。

帰りは早い、早い。30分ぐらいで下山できました。運動不足だったら足がプルプルするかもしれません。低山ですが、山登りの恰好などきちんと準備して登山することをおすすめします。

旅のはじまり

▼自転車で約25分(5km )

▼自転車で約25分(5km )

▼自転車で約12分(2.3km )

旅のおわり

志摩の四季

さあ、おなかもペコペコ。次は糸島で有名な志摩の海鮮丼屋へレッツゴー!
ふれあいから、約8分位(550m)歩くと、糸島漁協の直売所、志摩の四季の中にある、糸島の地魚にこだわった「志摩の海鮮丼屋」へたどり着きます。

そこで食べたのが、究極の地産地消『糸島海鮮丼』
魚は全て地物・天然物の糸島産というこだわりの海鮮丼。醤油も糸島二丈のミツル醤油を使用。お米は、糸島二丈の百笑屋のブレンド米。

徹底的にこだわりぬいた海鮮丼は本当においしい。

とにかく食べてみたらわかります。この日(2019年3月20日)の丼のネタは、本鰆(さわら)の炙り、本マグロの子、ブリの子又はヒラゴ、ヒラメ、アオリイカ又はマダコ、甲イカです。

すべて糸島の漁協から水揚げされてものです。糸島の漁港は、なんと大小あわせて12もあり、新鮮な魚が水揚げされるんです。また、ちょこっと写っている味噌汁も魚のあらがガッツリ入っていて、ちょ~おいしい。“まいぅ~”と自然と言葉が出てしまいます。
土日は、結構人が並びますので、入口に名前を書くものがあるので記入して待ちましょう。

糸島市の中心市街地へ

さて、おなかもいっぱいになり、次は糸島の中心地へ、コミュニティバスでレッツゴー。

乗車は「夫婦橋」~「商工会前」まで。運賃は一律200円。商工会前で下車。
参考までに、この日は初深江線に乗車。「夫婦橋」14時13分に乗車し、「商工会前」14時20分着でした。
時刻表はこちら
https://transfer.navitime.biz/showa-bus/pc/top/Top

オープンコミュニティスペース
みんなの

まずは、商店街の散策情報をオープンコミュニティスペース『みんなの』で作戦会議。

*オープンコミュニティスペース『みんなの』
https://minnano-itoshima.com/

商工会前で降りたら目の前にある建物です。NTT西日本前原ビルの1階で鉄塔が目印です。
まずは、ここで前原の街歩きマップ「前原歩帖」をゲットするとともに、「みんなの」のスタッフから情報を聞きましょう。スタッフは地元の方なので、地元のヒトしか知らないおススメの情報を教えてくれるはずです。

前原歩帖は黄色の地図です。

前原界隈の3店舗の店長らが協力し、有志で作成した街歩きマップ「前原歩帖」。
福岡県糸島市の前原は、筑前前原駅から歩ける範囲に宿場とレトロと今が織り交ざる街。
JR筑前前原駅から徒歩10分圏内にある見どころや個性的なお店など、50以上のスポットを紹介しています。

事前に地図をみることもできます。

ちなみに、前原歩帖はFB,インスタで日々の情報を発信しています。
facebook
instagram

そして前原商店街の歴史をちょこっと紹介
糸島市の中心街である前原市街地は、江戸時代に唐津街道の宿場町として整備された町です。通りには旅籠や商店が建ち並び、出入国者のチェックを行う「関番所」が置かれるなど、福岡藩領の最西端に位置する宿場として重要な役割を果たしてきました。
国道202号の南側にある旧宿場通りには、間口が狭く奥に長い家々や古い商など、今も当時の面影を偲ばせるたたずまいが各所に残っています。

では、『ぶらり前原商店街』ということで、お店をちょこっと紹介。
ぜひ、商店街をぶらりめぐって自分のお気に入りのお店を見つけてみてください。歴史的建造物も多数残っていて、素敵なお店がたくさんあります。ここに紹介しているお店はほんの一部なので、ぜに、「みんなの」でゆっくり作戦を練ってぶらり前原商店街をお楽しみください。

糸島くらし×ここのき

糸島の手仕事と暮らしを伝えるセレクトショップ。
糸島の木材や特産物でつくった食品、器、雑貨など、糸島在住の作家による手仕事のあたたかみのある作品が並ぶお店。糸島みやげをここのお店でゲットするのもおすすめです。
お店の人に作品のことを聞くと、優しく丁寧に作家さんの思いも込めて説明してくれます。
https://www.coconoki.com/

TanaCafe + Coffee(タナカフェ)
http://tanacafe.jp/
糸島くらし×ここのきのお店の奥にある、タナカフェ。オーナーの田中さんが毎年中米にまで足を運び、生産者と交流を深めながらコーヒー豆を仕入れているこだわりのコーヒーショップ。ここでほっと一息されるのもおすすめです。

古材の森

明治34年に建てられた豪商西原家のお屋敷を活用した古民家レストラン。
糸島産の食材を中心に使った御食事処と地域の歴史・文化を発信するところです。ここはカフェもやっておられ、歴史的な建物の中でゆっくりとした時間が過ごせます。
http://www.kozainomori.net/

博多人形工房「天平工房」

築200年以上の民家をリノベーションして、博多人形の工房&ギャラリー「天平工房(てんぴょうこうぼう)」を開かれています。
博多人形作家、天平大雅さんは、日本最大級の美術展「日展」において、最高賞の「特選」を2度も受賞されています。 店内には、多くの作品が飾られゆったり見ることが出来ます。また、表情豊かでとってもかわいい縁起おはじきも販売されています。
http://www.pict-jp.net/odakobo/index.html

SCATOLA(スカートラ)

老松神社のお隣にあるお店。
イタリアと東京で修業をされ、糸島でお店を開かれたママ職人さんのお店。駆除された野生の命を大切にしたいと、シカなどの革を使い、シンプルで使い勝手の良い形を大切に作品(バックや財布など)を作られています。とってもかわいくユニークな色づかいで素敵な商品がたくさんありました。

店休日があるので必ず確認して行かれてください。ちなみに糸島くらし×ここのきでもスカートラさんの商品を取り扱っています。
https://ja-jp.facebook.com/scatola.borsaia/
https://www.instagram.com/scatola_scatola/